2016年02月16日

日銀のマイナス当座預金の金利政策

日銀がマイナス金利を当座預金に適用しはじめたとのことで、
企業の倒産防止にはいいかたちなようですね。

お金を借りやすくして、
うまくいっていない商売をうまく回すための資金にしてもらおう、
という狙いは、本当に当たるのでしょうか。

この政策で、金利がぐっと低下して、
本当に、いいことばかりではなく悪いことも起きているといいます。

しかしわたしなどがそれを感じられないのは、
やはり主観的に、身の回りのひとたちで、
金利が下がったことを直接喜んでいるひとは、
なかなかいない感じがするからだと思います。

かわりに、違う投資商品を買い足される方も多そうです。
これをきっかけに自分の財産をしっかり見直す、いいチャンスととらえたいです。

---------------------------------------------------

マイナス金利が適用されるのは、金融機関が日銀の当座預金に預けるお金のうち一定の水準を超える金額で、日銀は年0.1%のマイナスの金利をつけ、事実上、手数料を課すことにしています。
国内の金融市場では、16日は、金融機関どうしが短期の資金を融通し合うコール市場と呼ばれる市場で、金利が大幅に低下し、年0%で取り引きが成立しました。
この金利は、「きょう貸した資金をあした返してもらう」という、市場では最も短い期間の金利の1つで、0%では、資金を貸した側は取り引きの仲介会社に手数料を支払う分、損をすることになりますが、市場関係者は、日銀に預けて手数料を取られるよりは損を少なくできると考えた取り引きだとみています。

(NHK -2016年2月16日)
----------------------------------------------------
ラベル:マイナス金利
posted by ヒロリン at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

ジャパンネット銀行の外貨預金キャンペーン

ジャパンネット銀行では、外貨預金のキャンペーンを行っています。

日本円を「外国の通貨」に換えて預ける預金、「外貨預金」。
「預金」という手軽な名前から、
預金のより有効な利用方法として考える方も多いのでは。

外貨定期預金が定番という感じですが、
最近は普通預金を外貨で預ける「外貨普通預金」もあるそうですね。

円預金と違ってリスクがあるのは当然ですよね。
メリットをとりたければしかたありません。

ジャパンネット銀行の外貨預金キャンペーンは、
1000通貨以上の預け入れで10%の特別金利が適用されるとか。
はじめての挑戦にいいのかもしれません。

それと、日本円に不安を持つ方も、一部を外貨で持っておくのもいいのかもしれませんねる

それと、外貨の方が金利も断然良さそうですからね。

---------------------------------------------------
株式会社ジャパンネット銀行
1,000通貨以上の預け入れで米ドル、カナダドル、豪ドル、NZドルに10%の特別金利を適用

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)では、2016年2月1日(月曜日)より、米ドル、カナダドル、豪ドル、NZドルを対象とした「外貨定期預金 金利10%キャンペーン」を実施いたします。

(産経ニュース -2016年2月1日)
----------------------------------------------------
ラベル:外貨預金
posted by ヒロリン at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

日銀のマイナス金利

日銀が金融政策としてマイナス金利を打ち出しましたね。

これで、銀行は日銀へお金を預けるとマイナス金利分を取られることになるので、
日銀へ預けると損をすることになる、
したがって、貸し出しへ積極的になると、
という図式を日銀は考えているのでしょう。

しかし、貸出先がないから、
銀行は貸し出していないのでは?

内部留保が多い企業もあるとききます。

なぜ、企業は内部留保の残高を高めているのか、
なぜ、企業は、その内部留保を設備投資に使わないのか、
そういうことを日銀だって分かっているはずです。

金利をいくら下げても企業が借りないのなら
今回の日銀のマイナス金利政策も効果を発揮しないのでは?

まあ、株価が上がり、ドル円の為替が円安に動いた、
ということで、安倍政権はほっとしているのかもしれませんが。

なんか、感覚的なものですが、
日銀も政府も金融政策で危ない橋を渡っているという気がしてならないのですよね。
ラベル:マイナス金利
posted by ヒロリン at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

リボ払いの損を防ぐには繰り上げ返済

リボ払いの怖さは、払っても払っても手数料、
という状態になったときに大きくなります。

リボ払いそのものがダメというわけではないのですが、
一定額の支払いということは支払い回数が増える=支払う手数料が増え、
その数が多ければ多いほど、支払いから逃れにくくなる、

ということを、リボ払いをしている人は十分知って利用する必要がありますね。

上手に使えばダメなわけではないと私自身は思いますが、
いくつもリボ払いが重なり、かつ期間が増えていっている人は大変なことになる前に、
状況をしっかり把握して、
なんとかしてクリアしていくのがおすすめです。

そう、住宅ローンと同じく繰り上げ返済して元を減らさないと、結果が怖いのです。
ここがもっとアナウンスされるべきだと思います。

---------------------------------------------------
既にリボ払いしている人の対策
リボ払いの恐ろしさが分かったとは思いますが、既にリボ払いをしている人はどうすれば良いでしょうか? まずは、支払方法でリボ払いを辞めるようにしましょう。次に残金がどのくらい残っているかを調べます。カード会社に電話するなりWebで確認できるはずです。

次に、一気に返せるお金がある場合は、一気に返済してください。一括返済できない場合は、余裕が有る時に繰り上げ返済していきます。住宅ローンの繰り上げ返済のイメージと同じです。

また、クレジットカードによっては自動的にリボ払いになるリボ専用カードもあります。この場合は、毎月全額返済設定ができますので、必ず全額返済の設定をしながら使うようにしてください。

(livedoor -2016年1月18日)
----------------------------------------------------
ラベル:リボ払い
posted by ヒロリン at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ジュニアNISAはいつもの銀行で

ジュニアNISAがスタートして、
各証券会社などでそれへの対応がはじまっていますね。

申込は1月からスタート済。
株式売買が実際にはじまるのは4月からとのこと。

これまでのNISAであれば、最初は違いましたが後の金融機関の変更ができるようになりました。
しかしジュニアNISAは金融機関の変更はできないとのこと、
それだとより慎重に金融機関を定める必要がありますね。

投信の初心者で、ジュニアNISAをきっかけにはじめようとしているなら、
銀行で開設するのも確かによさそうですね。

いつもの銀行で、窓口で対応してもらえると安心かもしれません。
長いつきあいになるので、そういう面でも親しみの持てるところのほうがいいかも。

---------------------------------------------------
2016年からジュニアNISAがスタートした。申し込みは1月からスタートしており、実際の株式売買は4月から可能となる。ジュニアNISAの非課税枠は年間80万円まで、対象となるのは19歳までの未成年者。証券会社や銀行などの各金融機関では、ジュニアNISA口座開設キャンペーンが始まっている。成年向けのNISAと違いジュニアNISAでは、いったん口座を開設したら金融機関の変更はできない。子供の教育費目的でジュニアNISAを始める人も多いだけに、金融機関の選択には慎重さが必要だ。

(ZUU online -2016年1月9日)
----------------------------------------------------
ラベル:ジュニアNISA
posted by ヒロリン at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

保険・預金・年金のバランスの良さ

資産運用として必ず名前のあがる「保険」は、
確かにかつては、投資目的というかお得な銀行口座感覚でかけている人がいましたね。

数年に一度「健康ボーナス」のようなお金の返礼があるタイプを選ぶと、
確かにもらうのはうれしいのですが、
その分、保険料が高め設定だったりして、
どこかが帳尻合わせ的に、知らないうちに価値が下がっていた・・
などという場面もあるかもしれません。

あと、保険証券だけを大事にとっておくだけでは、
手続きが途中で変わったり、何かの変更があって電話手続きしたあとだったりと、
タイミングによってはうまく動かせない場合もあるかも・・
なので、自分の情報が変わっていないか、定期的にでもチェックしておくのが最良と思います。

---------------------------------------------------
■預金・保険・年金は決して「安全」ではなく「危険」

まずは、「資産の集中」という問題。
銀行預金に集中させることなく、保険や年金を組み合わせることによって分散したと思っていても、実はそうではないというのです。なぜなら、貯金も年金も保険も、国債で運用されているから。つまり、実際には分散投資が実現できていないというわけです。

もうひとつは、国債自体の問題。
日本では超低金利が続くなか、国債は安定しています。しかし市場金利が上昇すれば、国債の価格は下落することになります。よって安全に見える国債には、将来の金利上昇による損失が発生するリスクがあるということです。

(T-SITEニュース -2015年12月15日)
----------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

子どもNISAへの金融機関のアピール

ジュニアNISAは、口座は子ども名義だけれど、
実際の資産運用は親や祖父母が行う、
ということで、子供や孫を思う大人たちにアピールしています。

それの口座開設が1月からはじまり、
4月には売買可能になるということで、
各金融機関で本腰を入れた取り組みがはじまっているとか。

口座開設者に金融を学べるゲームや
新聞などの教育ツールなど用意するという金融機関もあるそうですし、
SBI証券や楽天証券などのネット証券は株式売買手数料を無料するとのこと。

贈与税が将来的にはどうなるのか、など、
気になる点の多い次世代の話の中核になっていくと思われます。

---------------------------------------------------
証券各社が2016年に始まる未成年者向けの少額投資非課税制度「ジュニアNISA(ニーサ)」のアピールを本格化させている。新たな顧客層へのアプローチとあって、各社は子ども向け金融教育の充実や、じっくり相談できるタイプのセミナー開催など、顧客獲得に向けた取り組みに工夫を凝らしている。
 ジュニアNISAは、14年に始まったNISA(20歳以上が対象)の子ども版。口座は子ども名義だが、実際の資産運用は親や祖父母が行い、教育資金の確保などに使われる見通しだ。
 年80万円までの株や投資信託に対する投資で得た利益が5年間非課税になる。来年1月に口座開設が始まり、4月から売買が可能。いったん口座を作ると金融機関の変更ができないため、各社は制度開始時点が重要だとみて、取り組みに本腰を入れ始めた。

(時事通信 -2015年11月20日)
----------------------------------------------------
ラベル:ジュニアNISA
posted by ヒロリン at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

SBI証券のジュニアNISA開設受付開始

2016年より開始される「ジュニアNISA」。
未成年のこども一人あたり、年間80万円の非課税投資枠が利用できるようになるそうです。

大人対象のNISAの普及がかなり進んできていますし、
こどもや孫のために、少しでも有利な金融商品を残したいと考える大人も
多くなっていることでしょう。

特に資産を持っている家庭では、
資産譲渡の一つのやり方としてこのジュニアNISAを利用する人も多いのでは。

学資保険の代わりにジュニアNISAで学費を作っておくという家庭もあるでしょうし。

そういう場合のためにぴったりの、
今後に期待できる金融商品になっていくのは確実ですね。

SBI証券では、8月から予約申し込みの受付がされていたそうで、
口座開設の事前受付は11月2日から開始です。

-----------------------------------------------------------------
SBI証券は、 8月より予約申込の受付を開始していた「ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)」について、 11月2日(月)より口座開設の事前受付を開始する。

SBI証券はNISAおよびジュニアNISAを、 個人投資家の資産運用において極めて重要な制度であると位置付けており、 2016年からはNISA口座での国内株式の売買手数料や海外ETFの買付手数料を恒久的に無料とするほか、 2016年のジュニアNISA口座での取引手数料(国内株式の売買手数料および海外ETFの買付手数料)を無料とするキャンペーンを実施することも決定している。

(投資信託の投信資料館 -2015年10月29日)
------------------------------------------------------------------
ラベル:NISA
posted by ヒロリン at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

中国経済の行方

G20のメイン議題は中国の経済だったようですね。

ここのところ目にしたり耳にしたりする中国経済のニュースから感じることは、
中国経済は転換期に来ている、
加工輸出で稼ぐ経済から、
内需消費で成長する転換点にいると。

その構造変化の中で、
今、経済成長率の停滞になっていると。

ただ、中国国内には工場がたくさんあり、
過剰設備に陥っていて、
作った製品がだぶついていて在庫が積みあがり、
したがって価格低下も起こしている。

たぶん、中国は高度成長期の終焉を迎えつつあり、
これから成熟期へと入っていく。
その転換が上手くいくかどうか、
というところにきているようですね。
posted by ヒロリン at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

分散投資と国債

中国経済が停滞してきていて、
日本の経済状況も、どうもこれ以上の浮上が難しげな展望となってきている・・
そんな現在も、個人向け国債は、
変わらず魅力的な存在のようです。

少額から投資できる、
特に満期に関わらず1万円から投資できるタイプは、
複数の資産に分散投資したい人にぴったりだとか。

金利が高いととたんにリスクが大きい感じになりますが、
固定金利と変動金利から選べるし、
経済的に不安があるほど、商品の魅力が増すのがこの種のものなのかも。

-----------------------------------------------------------------
また、国債は少額から投資できる点が魅力である。個人向け国債は、満期期間にかかわらず1万円から投資できる。そのため、少額ずつ複数の資産に分散投資をしたい場合にも役立つ。また、毎月発行されていることから、時間的にも分散して投資することが可能だ。

 また、個人向け国債は、発行後1年以上経過すれば、直前2回分の利子を差し引いたうえで、中途換金することができる。利子の支払いは半年ごとに行われることから、発行後ちょうど1年で中途換金する場合もでも元本割れしない仕組みだ。

(ZUU online-2015年8月4日)
------------------------------------------------------------------
ラベル:国債
posted by ヒロリン at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする