2019年05月13日

金融商品売買の「タイミング」

金融商品などの運用を有利に運ぶために
「売買のタイミング」というのがあると思います。

誰でも思うことですが、
安く買って高く売る売買差益を期待することがありますね。

でも、買ったときが安くても、
いつ手放せば高いのかは誰にもわかりません。

「チャート分析」などがあれば、
そのタイミングが確実にわかる、
みたいな記事等が雑誌などにありますが、
それはもちろん、信頼できるものではありませんね。

確実に思うようにうごく金融商品などないので、
ある程度参考にするのはともかく、
それを信用して大きくお金を動かしたりしないほうがよさそうです。

誰でも簡単に株式の売買のタイミングがわかる方法があるのであれば、
みんなが株で儲けられるということになりますよね。

株とかは、誰かが損するし、
誰かが儲かるのですよね。

長い株取引の歴史の中で、
儲ける人もいれば、
それ以上の数の損をした人がいた、
というのが事実ですからね。

-----------------------------------------

【質問】チャート分析などであれば投資信託の売り時・買い時のタイミングがわかるのではないですか?
チャート分析で売り時・買い時が分かることはありません。チャート分析などで売り時・買い時がわかる、などの解説も巷には溢れていますが、現実にはわかることはありませんのでご注意ください。

(エキサイトニュースー2019/5/13)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 22:57
"金融商品売買の「タイミング」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。