2017年03月17日

ネット投信相談窓口をコンピューター

投資信託の助言とかをしてほしいから、
窓口のある、建物のある、店舗の投資信託会社を選ぶのだ
という人もいると思いますが、
宮崎銀行では、ネット販売専用の投資信託には、
コンピューターによる投資助言サービスをつけることにしたそうです。

ネットにもアドバイス窓口を設けるような発想でしょうか。

本当に人にしてしまえば
「チャット」の質問窓口なども最近のサービスでは増えていますが、
投資の場合は、問い合わせもさまざま、取り扱う物事もデリケートだし、
なかなかそうもいかないのでしょうね。

こういうサービスが広がってきているのも、
AIが格段に進歩してきているからではないでしょうか。

投資に関するサービスにロボットやAIを導入するとニュースが
ここ数年ぐんと増えてきていますよね。

私は古い考えなのか、
いまだに、AIやロボットに任せたり、
アドバイスを得るということに懐疑的なんです。

--------------------------------------------------------
 宮崎銀行は13日、ネット販売専用の投資信託商品に、コンピューターによる投資助言サービス「投資信託ロボ・アドバイザーツール『ポートスター』」を導入した。金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックへの取り組みの一環で、顧客のファンド選びを手助けする。
 ポートスターは三菱UFJ国際投信が提供。同社のネット販売専用投信で、宮崎銀が同日から取り扱いを始めた「eMAXIS最適化バランス」の計5つのファンドに対応している。

 顧客はスマートフォンやパソコンから宮崎銀の投資信託ページにアクセスし、5つの簡単な質問に回答する。ポートスターはその回答から顧客のリスク許容度を診断し、対象ファンドの中から顧客に適すると想定する1つを自動提示する。

(日本経済新聞-2017年3月13日)
-----------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

静岡鉄道のLuLuCa導入

ポイントカードに電子マネーサービスがあとでつくことが、最近多いです。

まずはポイントカードで利用者を広めてから、
利用者がカードに慣れたら電子マネーを導入して、
さらにサービス向上と顧客の定着を狙うような感じでしょうか。

静岡鉄道では、LuLuCaという電子マネーが導入されたそうです。

LuLuCaというこのつづりは、とても書きにくいですね・・
どうして間間に大文字を入れるのか・・・

それはともかく、鉄道ですからいつものユーザーなら、
電子マネーが利用できると何かとよいことは確かだと思います。

地方だから電子マネーは利用できない感じがあるのですが、
いまは結構導入が進んでいるのですね。

--------------------------------------------------------
静岡鉄道では、2016年11月、大日本印刷(DNP)が提供する「DNPマルチペイメントサービス」を導入し、ポイントカード「LuLuCa(ルルカ)」に電子マネー機能を追加した。これにより、従来の交通乗車機能に加え、グループ会社が運営するスーパーマーケット「しずてつストア」や、ショッピングセンター「新静岡セノバ」での買い物に便利に利用できるようになった。今後は、DNPの協力を得て、順次、利用できるエリアや施設の拡大を図り、人々の暮らしを便利にする生活密着型カードとしての魅力を、より一層高めていきたい考えだ。

(ITpro-2017年2月28日)
-----------------------------------------------------------
ラベル:静岡
posted by ヒロリン at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

ANAが楽天Edy連携撤退

楽天Edyが付随している、といったカードのメリットは、
利用させる側にとってもちろん利用者が増えるメリットなどがあるでしょうが、
なにより実際使う人が便利になる、というのは、大きな利点ですよね。

ですが、ANAで利用できる会員カードで、
付与可能だった楽天Edyが利用できなくなるのだとか。

Edyとの連携で、会員が増えるのにはつながっていたのに、
発行そのものにコストがかかっていたのだとか。

しかし、今後、電子マネー間の競争は増える一方でしょうに、
いまそうやってEdyをはずすのはちょっともったいないのかなとも思います。

ただし、今回Edy搭載をなくすのは、
クレジット機能が付いていないAMC会員カードのみということです。

「ANA VISAカード」や「ANA JCBカード」はこれまでどおりみたいです。

--------------------------------------------------------
全日本空輸(ANA)は2017年2月28日、マイレージサービス「ANAマイレージクラブ(AMC)」の会員カードを7月から見直し、自社単独発行のマイレージ単機能カードでこれまで付与可能としていた電子マネー「楽天Edy」機能の付与をとりやめると発表した。発行コストの削減に向けた見直しの一環とみられる。ANAのマイレージとの連携はEdyの会員拡大の大きな原動力となってきただけに、今後の電子マネーの勢力争いにも影響がありそうだ。

 今回の見直しは、ANAが単独で発行するクレジット機能のない単機能のAMC会員カードが対象で、7月4日以降の申し込み分についてEdy機能が非搭載となる。

(ITpro-2017年2月28日)
-----------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ETFの上場廃止とは?

株の上場廃止決定は
即ち自分が持っている銘柄が上場廃止日に紙くずになること。

そのため、価格もその日に向けて
急落していくことが容易に予想できます。
なので、一刻も早く手放して、
できるだけ被害を少なく抑えるよう努力しなくてはいけません。

ところがETFの場合は、
株の上場廃止とは違い、投資信託の「繰上償還」と同じ。

繰上償還とは、運用を停止して、
その分の口数分、金額を返すのだとか。

つまり、運用はできなくなるけれど、
株と違って紙くずになるのではない。

その分、返してもらえるということでいいのでしょうか。

だとすれば、株よりはだいぶ安心な感じですね。

ETFは個別株の売買と違い、銘柄を選ばなくていいのが楽でいいですよね。

投資したい企業の業績を調べなくていいですし、
たとえば、日本株のETFなら日経平均やTOPIXをチェックしていればいいですからね。

--------------------------------------------------------
では、ETFの場合はどうでしょうか。株を経験したことがある人なら、上場廃止と聞いただけでパニックを起こしてしまいそうになりますがどうかご安心を。ETFの上場廃止は投資信託の【繰上償還】と同じ意味を持ちます。
繰上償還とは・・・ファンドの運用資産が少なくなり効率の良い運用が難しくなった場合やファンドの投資目的を達成した場合などに、あらかじめ信託約款に定められた規定に基づき、信託期間の途中で運用を中止し、償還する(受益者(=ファンドの保有者)に受益権の口数に応じて信託財産を返還する)ことです。

そのため、株と違い上場廃止になった後も払い戻しをすることが可能です。

(ETF GateWay-2017年2月15日)
-----------------------------------------------------------
ラベル:ETF
posted by ヒロリン at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

貯蓄習慣とリボ払い

「貯蓄をくずしたくないから、クレジットカードを使う」

それが、手数料と利息のことを考えれば、
間違いだということはわかります。

でも、気持ちもわかります。

貯蓄の残高が心配なので、
減らないようについクレジットカードを使う、ということですよね。

しかし、そのときのカードの使い方が「リボ払い」だと最悪の選択です。

1ヶ月先送りにして1回払いだったら、
間違った話ではないと思いますが・・・

リボ払いの手数料の高さはすごいし、
しかも支払い額が毎月増えるようなやりかたをしていると、
支払い期間と手数料がどんどん増えるばかりで、
ぜんぜん減らないです。

そのくらいなら、絶対、貯蓄額をいったん引き下げてでも、
リボ払いの習慣をやめるのがいちばんですね。

それと、クレジットカード会社は、
リボ払いだと手数料と言う収入を得られるので、
後からリボとかのメールを送ってくるんですよね。

それと、リボ払いだとポイントを多く付けるとか。

でも、それは、クレジツトカード会社にとって利益が多くなるからだ、
というこもと分かっておく必要がありますよね。

--------------------------------------------------------
 さらに、予想外に支払いが多くなってやりくりに困ったら、キャッシングなども利用しているのだそう。せっかく貯蓄があるのに、一方で借金を積み重ねていくのは矛盾していないかと問うと、「定期預金だけは崩してはいけないと思っています」と力強くおっしゃいます。

 Kさんの貯蓄残高は450万円ほど。クレジットカードの利用残高は合計80万円ほど。この残高にどんどん利息が付いていきます。貯蓄をするのは立派ですが、片方でこんなにクレジットカードの残高を抱えていては意味がありません。しかし、Kさんはそれに気づいていません。

 クレジットカードのリボルビング払いの利息は15%前後と高い場合がほとんど。そして、いくら利用しても毎月の返済額は一定ですから、利用した金額分だけ利用残高に積み上がり、利息がかかります。

(日本経済新聞-2017年2月8日)
-----------------------------------------------------------
ラベル:リボ払い 貯蓄
posted by ヒロリン at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

ダイヤモンドZaiの投資記事

ダイヤモンドザイという雑誌は、
いつもちょっと扇情的というか、
大きな文字で有利な金融情報をがんがん出してくる、
といったイメージがあります。

そんなイメージだったのですが、
投資信託については、初心者も1万円から気軽にはじめられる、こととか、
1つの株だけでなく、いろいろな株や債券不動産にも投資できる、
といったリスク分散のしくみもちゃんと書いていて、
次の号の紹介記事をみたのですが、
あおる感じなのではなくて、
ちゃんと初心者向けに解説してくれる本なのだという、
ちょっといい印象を持ちました。

雑誌は、入口としてはいいですよね。

--------------------------------------------------------
投資信託にはさまざまな魅力がある。まず、初心者も1万円程度から気軽に投資できる点。さらに、一つの株だけではなく国内外のさまざまな株に、さらには株だけではなく債券や不動産、金などの商品にも投資できる点。結果としてリスクを分散させることも可能だ。

 おまけに、積み立てできる投資信託も多く、少額から中長期で大きく増やすこともできるので、NISAや確定拠出年金にも向いている。一方、毎月、お小遣い感覚で分配金が受け取れる毎月分配型の投資信託も根強い人気がある。

 ダイヤモンド・ザイ3月号では、そんな投資信託をいくつかのジャンル(「インデックス型」「アクティブ型」「毎月分配型」など)にわけ、相撲の番付形式でランキングを紹介している。ザイ・オンラインでもその一部を抜粋して紹介しているので、ぜひチェックしてみてほしい。

(ダイヤモンド・オンライン-2017年1月28日)
-----------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

経費旅費システムと明細の連動

1月も終わりに近づき、
そろそろ確定申告の準備をしている人は多いのではないでしょうか。

個人事業主の方などは、
経費の計算などを面倒だと思う人も多いかも。

経費や旅費の清算は、手作業で行うのがふつうですね。

経費や旅費じゃなくても、
カードで使ったものを違うほうに明細を利用したいと思っても、
普通であれば、使った分を別途書き写しておくとか、
控えをなにかにとっておくとかしなくてはなりません。

三井住友カードと、NTTデータイントラマートは、
提携して、イントラマートが提供している経費旅費システムに、
カードの明細情報を取り込めるようにしたそうです。

これは、旅費精算が頻繁に行われるような場合には、
業務の手間をはぶくのにとてもよい成果がありそうですね。

三井住友カードが発行するコーポレートカードだと
このサービスが利用できるようですので、
個人事業主の方はこのクレジットカードを契約してみるといいかもです。

--------------------------------------------------------
NTTデータイントラマートと三井住友カードは1月24日、イントラマートが提供する経費旅費システム「intra-mart Accel Kaiden!」に、三井住友カードが発行するコーポレートカードの利用明細を自動で取り込むことができる「Accel Kaiden!クレジットカード連携サービス」を、4月に開始すると発表した。

 今回提供を開始するクレジットカード連携サービスは、イントラマートの子会社であるNTTデータ・イントラマートCSIが提供するクラウドサービス「Cloud-Base」経由で提供される。顧客が利用している三井住友カード発行のコーポレートカードの情報を登録すると、三井住友カードからクレジットカードの利用明細がCloud-Baseへ送られ、その後、自動的にAccel Kaiden!に取り込むサービスとなる。

(BCN Bizline-2017年1月23日)
-----------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

投資ブロガーの選ぶ投資信託は

投資ブロガーとは、一般の投資者なんだけれども、
投資についての情報をブログで発信している人ですね。

投資で生活を立てていたり、
また、投資についての知識を生かしたアフィリエイトや、
投資関係の記事を書いたり、と、
経験をつんだ投資家の方々は、
活躍の門戸はひろそうに思います。

いわば、専門家ではないけれど、
現場のプロみたいな感じです。

そしてそういう人が、評価している投資信託は、
多くが手数料が無料なのだとか。
つまりノーロード投信を言われるものですね。

投資の中で手数料が、たいへん重要なものだということがこれでわかりますね。

私も、毎月積立購入している投信はノーロードですし、
信託報酬も低いものを選んでいます。
投資効率というか複利効果がかなり違ってくるみたいなんでせすよね。

--------------------------------------------------------
一般投資家ではあるが、いわば投資信託の「通」ともいえる投信ブロガーたちが評価した投資信託をご紹介しよう。

 圧倒的な得票数の第1位には「(購入・換金手数料なし)ニッセイ外国株式インデックスファンド」(設定運用はニッセイアセット・マネジメント)が選ばれた。先進国の株式で構成された株価指数に連動するインデックスファンドであり、その名の通り購入時の手数料がない(ノーロードと呼ぶ)。

 上位に入ったファンドの大半がノーロードだ。加えて、この商品はこれまで2度にわたって運用管理手数料を引き下げている。投資信託では、手数料の引き下げは商品内容の改善に直接つながる。高評価で3年連続の第1位だ。

(ZAKZAK-2017年1月18日)
-----------------------------------------------------------
ラベル:ノーロード
posted by ヒロリン at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

銀行が薦めてくる有利な社債

「金融機関が発行する社債などで運用する投資信託を銀行で薦められました」
という人、たぶんなにかで資金があるとみなされて、
利回りが社債より高い、と勧められるのですね。

資金がない人には銀行も何も薦めてはきません。

たぶん、しばらくは運用に利用できそうな
資金が普通口座にでも入っていたのかも。

銀行で根強い人気があるというその商品は、
「ハイブリッド証券」に対する投信だそうです。

これは、銀行や保険会社が発行する条件付き社債だとのこと。

そもそも、社債とは、
一般の事業会社が発行する債券のことだそうです。

株式会社が株を売って資金を集めるのを、
市場を通さないで直接買ってもらうようなことでしょうか?

これを購入するような資金は持つ予定ないのでわからないのですが、
銀行が薦めてくるということは、
銀行が直接取引できて、銀行にとっても優位なのかも?

--------------------------------------------------------
吉井さん(以下、吉):社債にも色々な種類がありますが、その社債がどのようなものか分かりますか。
N:よくは分からないのですが、格付けが高くて利回りも普通の社債より高いと言われました。
吉:それは恐らくハイブリッド証券に投資する投信ですね。銀行などで根強い人気のある商品です。
N:ハイブリッド証券?
吉:銀行や保険会社などが発行する条件付きの社債で、一般的な社債と株式の中間の性質を持つ証券のことです。期限付き劣後債、永久劣後債、優先出資証券、CoCo債(偶発転換社債)など様々な種類があるので、まずはどんな証券がどれほど組み入れられているのかを確認することが重要です。

(日本経済新聞-2016年12月27日)
-----------------------------------------------------------
ラベル:銀行 社債
posted by ヒロリン at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

インデックス型投資信託は信託報酬に注目

私が毎月積立購入している投信の3本のうち2本は、
インデックス型の投資信託です。

1本は日本株のインデックス型投信、
もう一本は先進国の株式に投資するインデックス型投信です。

どちらも似たような投資信託が、
運用会社か違うだけで何本も出ています。

そこで、どの運用会社のインデックス型投信を選ぶかの判断の
最も重要視したのは信託報酬でした。

例えば、日本株インデックス型投信は、
運用会社が違うだけで何本も設定されています。

どれも、日本株の指数、
日経225やTOPIXの指数に連動するように運用されますので、
運用成績にそれほどの違いは出ません。

ですので、信託報酬が注目されるわけです。

信託報酬は毎月引かれる手数料です。

手数料が低ければ、それだけ運用されるお金が多くなるという訳です。

極端な話、100円から手数料10円を引かれれば、運用されるのは90円、
100円から手数料が5円引かれれば、運用されるのは95円。

5円違う訳です。

これが、10年、20年と長期にわたって積み立てて運をうしていけば、
10年、20年後にはけっこうな差が出ていることになります。

ですので、信託報酬に注目する必要があります。

--------------------------------------------------------
投資信託の手数料といえば、最も注目しなければならないのが「信託報酬」だ。指数への連動を目指すインデックス型投資信託は、信託報酬の高さが、成績に影響する。

?このため、長期投資であるほど、信託報酬が低いインデックス型を選ぶことが重要になる。近年、信託報酬が低い投信が続々と設定され、設定当初は最安でも、さらに信託報酬が低い投資信託が出てきていることもある。

(ダイヤモンド・オンライン-2016年12月27日)
-----------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする